【会話チャート式】子どもの個性を生かした育児の悩み解決幼児・小学生のお子さんに関する育児・子育ての悩みを解決する具体的な方法を紹介!解決の道筋をイメージしやすいように、大人と子供の会話チャート形式にしてまとめました。どなたでも実践できる育児・子育てノウハウです! 

「手がすぐに出てしまう子ども」の悩みを解決しよう!

   ↑  2020/01/31 (金)  カテゴリー: 手を出す・暴力を振るう
言葉で言えばいいのに、なんですぐに手が出るのだろう…

そう子供に感じている方もいるかもしれません。

今回は、子どもが手を出してしまう原因と、その対策を考えていきましょう。

原因:手を出す癖がついているから



原因編3

手が出るというのは、その子が言葉よりも手が出やすいタイプというだけです。

感情的かどうかというのはあまり関係ありません。

人にはさまざまな特性があります。

何かの反応をするときに言葉が先か、体が先かというただそれだけの違いです。

しかし、社会的には言葉が出る(文句を言う)ほうがよい人、体(手や足)が出る人は悪い人の烙印を押されてしまいます。

正直なところ、社会性の育っていない子どもにとっては、この事実は納得しにくいものです。

たまたま言葉が先に出るタイプは怒られずに済み、たまたま手が先に出る自分は怒られるというのは、手を出すタイプの子にとっては、不条理としかいえないでしょう。

対策:イライラしたときに手を出す以外の方法を身につけさせる



対策編3

対策1



とにもかくにも、子どもの感情が爆発したら、子どもの気持ちをききましょう。

このときは、絶対話を遮らずに最後まで聞きます。

おそらく、自分勝手で一方的な都合ばかりを言い、

自分が悪いことをしたことに関しては、大っぴらに言わないと思います。

それでも最後まで聞きましょう。

ここで子どもが自分の思いをすべて言い切らせることで、

①「話を聞いてくれる人」という印象をもたせ、この後大人が話す内容に耳を傾かせる。

②自分の思いをすべて話させることで、気持ちをすっきりさせるとともに、自分が手を出してしまったことへの後悔の気持ちを強めさせ、行動を改める必要性を感じさせる。

といった効果を見込めます。

対策2



感情的になって、何も考えられなくなる場合には、手や足を出す以外のことが先に出るように癖付けることです。

体が先に動くタイプの子に「口で文句を言いましょう」「大人に言いましょう」と言っても、なかなかうまくできません(大人であっても、「今日から「頭を掻く」「のびをする」「手を口に当てる」など自分の癖を一切しないでください」といわれても難しいですよね)。

ならば、相手に危害が加わらないからだの動きを癖付けさせることです。

まずは、人に手を出すことがよくないことであることを伝えます(人を傷つけるとその人や、その人と関わる人が悲しむ。その人が自分と関わらなくなるかもしれない。手を出す人は周りから煙たがれる。…等その子にあったものを話す)。

次に、「僕は今怒っているというのを相手に伝えて、手を出さなくても済む方法はないかな?」と一緒に考えましょう。

その場で足をドンドンと地面に叩き、地団駄を踏む腕を組んで相手を睨むなど、普段やる分にはよい行動ではないけど、相手に手が出るよりかはまだましかなと思えるような行動を癖付けさせます。

あとは、周りの大人か賢い子供にそれを察知してもらい、手が出ないように退避させることです。

ですので、園や学校の先生・友達の親との協力も大切になってきます。

対策についての備考



「イライラしたらその場から離れるか、大人に助けを求める」という助言の仕方もあります。

もちろんそれができるに越したことはないのですが、

子どもは本能的に生き、無意識に行動します。

その場を離れる=相手から逃走、自分の弱さを認めて、相手の行動を肯定している

大人に助けを求める=敗北を認め、自分の力ではどうしようにもならないことを認める

という風に無意識で考えてしまい、言われたとおりにできないことが多いのではないでしょうか。

子どもにもプライドがあります

ですので、その子のプライドを守りつつ、平和に済ませる方法として今回の方法を取り上げてみました。

この記事に含まれるタグ : 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳 11歳 12歳 幼稚園児 保育園児 小学生 

FC2スレッドテーマ : 子育て (ジャンル : 育児

(記事編集) https://chart-ikuji.com/blog-entry-7.html

2020/01/31 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 「手がすぐに出てしまう子ども」の悩みを解決しよう!

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)